2005年07月27日

木曜日からの食べたものと日記。

7月21日木曜日。
予告通り、晩ごはんは、うなぎ。


22日金曜日。
中華街 聘珍樓にてランチ。

夜はロイヤルパークホテルに宿泊。
ランチが遅かったのと、間にちょこちょこお茶しちゃったのでお腹がすかず、
夕飯はおにぎり。

23日土曜日。
夫は出勤。
痛みもピークだったので、早めに帰宅して、ソファで沈んでた。
帰りに病院に寄ろうかと思ったんだけど、やっぱ家に帰ってシャワー浴びて
から!なんて思ってたら...、午後の診察は担当が、私のニガテな先生だ
ったので、やめといた。

晩ごはんは、帰宅した夫と、車で夢庵に。食欲がなかったから、おうどんの
冷たいの。おいしかったけどな〜。夢庵御膳とか食べたかったー!
帰りに、久しぶりにミスドでドーナツ買ってきた。

24日日曜日。
どーにもこーにも動けまへん。
夫がお茶と晩ごはんの買出しに行ってくれた。

晩ごはんは、ケンタッキー。
食欲はないんだけど、なぜかしっかり食べられる。どゆこと?

25日月曜日。
どーにもこーにも動けまへん。2日目。

お墓参りに行く予定だったんだけど、こりゃ無理だわ。

毎日、痛みと微熱でちゃんと眠れまへん。
40分寝ては目が覚める。
目が覚めると、苦しくてしばらく眠れない。

すまん、夫。
あれじゃ、夫も眠れんわな。

しかし、ウチは、ダブルベッドやめて、シングルを2つくっつけてるんだけ
ど、こういうときは毎度、よかったよな〜と思う。
熱があるときは、本人はもちろん、隣にいるほうもかなり気を遣うので、
ちょっとでも離れて眠れるほうがいいと思うんだよね。

晩ごはんは、夫が近くの24時間オープンしているスーパーでお弁当などなどを
買って帰ってくれました。


26日火曜日。
相変わらず、眠れないので午後もうつらうつらしてた。
けど、もう痛みに耐えられず、月曜からコンスタントに痛み止め(市販)を飲む
ことにした。

午後、目が覚めたとき、...な、治ってルゥー!
はっよー!じゃなくて、やっほー!やっほー!やっほーぃ!

でもなんか、もんのすごくキモチワルくてキモチワルくて、今度は胃がやら
れた模様...やっぱ、痛み止め、私にゃあまりあわないんだわね...。



総括。

今回も、夫がよくがんばってくれたと思います。感謝いたします。
毎度毎度、ご迷惑をおかけして、ホントに反省いたします。


そして、教訓と反省。

寝不足厳禁。

ついついはかどるからって、朝まで作業しない!

期限のあるものは、切羽つまってから作業するっていうのは、もうやめる!

お風呂は”明日の朝にしよ♪”などと思わず、必ず夜入ってから寝る!


以上、厳守!!

追記。
しかし、がんばってくれる夫が、毎回、絶対にやってくれないこと。
お皿洗いと、洗濯。これ、こんだけ私が寝込むと、すんごい山になってんだよー(T_T)

汚れたお皿は、食洗機へ。(ま、これは私がやればいいことなんだけど)
洗濯物は、洗濯機へ。

それすらもできない夫...それはいいのだが、彼は、
洗剤がある場所を知らんのです!

これは、世の夫ぎみたちにとって、普通のことなのでしょーか...。

私が死んだら、どーすんじゃい。(なんて言う歳でもないのに、言いたくもなるわ!)

ちなみに、洗濯機の使い方は、4年くらい前に1度教えましたが、たぶん忘れてるで
しょう...。もちろん、押すだけですわ。しかも古いタイプの洗濯機なので、ボタン
も少ないから、簡単ですわ。

ちなみに、新しいエアコン(と言っても、もう2年目)の使い方もよぅわからんらしい
...。

あ、あと、リビングの入り口にある、電気のスイッチ。
1番上のスイッチはダイニングの電気。
真ん中はリビングの電気。
そんじゃ、1番下は...?知らないらしい...。まじかよっっっ。
それよりも、その”1番下のスイッチ”を押すとつく電気...そこに照明がある
ことすら、知らなかったらしい...(数ヶ月前に発覚した事実。ほんのちょっぴり
ある廊下の隅の、ふつーの電気だよっ!間接照明とか、飾りとかじゃなく。)
まじかよっっっ。まじかよーーーーっっ!

家の中のことは、知らないことがありすぎる(と思います私は。最近まで、スプーン
がしまってある場所を知りませんでした。ご飯茶碗の場所、知ってるのかしらん?)
モミノフなのだった...。

夫は、もんのすごく穏やかに見えるタイプなので、友人たちはただただ”やさし
そう”というイメージしかないらしいんだけど、こんな実態を知った某友人は
「見た目じゃ、わかんないのねー」とやたら言って帰って行った。相当、イメージ
ダウンしたらしいわ。
posted by アキノフ at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。